通話 放送 インターネット

 校歌集CD 「学び舎のうたが聞こえる」を制作しました

 上越市有線放送では、このほど、旧上越市内の全小学校29校と閉校した学校など9校の校歌 あわせて38曲を収録した校歌集CD「学び舎のうたが聞こえる」と楽譜・歌詞集を制作しました。 これは、放送で紹介した旧上越市内の学校の校歌をまとめたもので、 旧上越市内全小学校・高田図書館・直江津図書館・上越教育大学附属図書館など市内教育関係機関に寄贈します。

 校歌集CD「学び舎のうたが聞こえる」は、平成22年11月からおよそ3年間にわたって放送した旧上越市内の学校の校歌を 紹介する番組「学び舎のうたが聞こえる」で紹介した校歌をまとめたもので、 旧上越市内の小学校29校と閉校した学校9校の校歌あわせて38曲を児童約3500人の合唱で収録した3枚組CDです。 
 CDの内容は、1枚目が高田地区の小学校18校の校歌、2枚目が直江津地区の小学校と上越教育大学附属小学校の校歌あわせて11曲、3枚目にはすでに閉校した校歌8曲と歌われなくなった旧校歌1曲のあわせて9曲を収録しています。

(収録校歌の一部を聞くことができます。 稲田小・高士小・高田西小 )
 閉校した学校の校歌のうち、 高田市立高田第三尋常小学校・ 中ノ俣小学校・直江津高校の3校は学校に残されていた音源を収集し、 高田市立春日中学校・諏訪中学校・津有中学校・南本町小学校旧校歌は、卒業生や在校生による復活合唱を録音しました。 今年3月をもって閉校となった桑取小学校・柿崎区黒川小学校の校歌は、閉校前に収録したものです。
このほか、楽譜と歌詞・校歌の作詞作曲者の紹介や校歌の由来などをまとめたA4判・74ページの冊子も制作しました。(一般販売については検討中です)

 旧上越市内の小学校の校歌は、最も古い明治41年制定の高士地区高士小学校から昭和49年制定の高田西小学校まで、 制定年は明治・大正・戦前・戦後と幅広く、 高田師範学校・新潟大学教育学部高田分校芸能科があったことから、教員・教授が作詞または作曲を手がけた学校が多いのが特徴です。 また戦後は、元新潟日報記者で作詞家・新潟の伝説収集家としても活躍した故小山直嗣さんが10校の校歌の作詞をしています。
 このほかの特徴としては、 旧津有村の学校であったことから戸野目小学校と上雲寺小学校は同じ校歌。 高士地区高士小学校は、明治時代に相次いで学校を訪れた元公家と浄土真宗の高僧が詠んだ和歌を歌詞としています。 諏訪小学校は当時の校長が作詞し、音楽教員ではない若手教員が作曲した教師手作りの校歌、 直江津小は学校に伝わるベヒシュタイン・ピアノを選定した外国人ジェームス・ダンが作曲、 国府小は大ヒット曲「岸壁の母」を作曲したテイチクレコード(現テイチクエンターテイメント)専属の平川浪竜が作曲しています。 また南本町小・春日小・閉校した桑取小は、上越市出身の芥川賞作家・小田嶽夫が作詞を担当しています。


このページのトップへ

サイト内検索

Loading

メニュー